無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 心中坂   

c0195272_14512839.jpg



満たされた夜が明け
すっきりとした朝は
坂を駆けのぼる

新鮮で少し薄い空気を
胸いっぱいに吸い込み
冷えた身体に
息を吹き込む









c0195272_09453087.jpg
c0195272_09455121.jpg
c0195272_09463072.jpg
c0195272_09461187.jpg
c0195272_09464749.jpg



枯れかけの温泉
匂いも効能も薄い
隔離されていることだけが特別

茶番も社交もなく
広い部屋とふかふかの布団で
長い永い時を味わう









c0195272_09483327.jpg
c0195272_09484799.jpg



部屋に
Wi-Fiがないので
ひとり 水入らず
早く寝て
早く起きる

朝から腹が減る
生きている









c0195272_14514793.jpg
c0195272_14525847.jpg
c0195272_14531439.jpg
c0195272_14533059.jpg



寂れた温泉街に
朝日が差し込む

キラキラとした浅い夢
朝まで浅間温泉

賑わいは
遠い日の面影

秋晴れの日
影は坂を転がり落ちて
寂しさは一気に駆け落ちる。

誰もいないこの温泉街で
あたしはあたしと
心中。






by kojiki-tsukapi | 2017-09-26 10:05 | Comments(2)

Commented by のりぴ at 2017-09-28 20:53 x
つかぴ、なんだかさえわたっているようね。
この連続の詩たち、違う境地にすすんだかのよう。

あさからはらがへる
「いきている」にふきだした。

あさまであさま。

あさましき人間をあざわらうかのようだが、
もうあさってにはあっさりわすれるね!
Commented by kojiki-tsukapi at 2017-09-28 22:35
のりぴ、
浅ましく浅知恵
あさま いいたいだけやろ!

相変わらず、
言葉のストックはとっくの昔に
底をついたけど
秋のせいか書こうと思えばすぐに書けねんな。

文化の秋、
即興の詩。

詩、たのし。
つかぴ

<< 浅の間 逆行性健忘 >>